コーヒーを飲むとギャンブルで負けやすくなる?

ギャンブルの世界での最大の疑問は、どうすればギャンブルの腕を上げられるか、ギャンブルでもっと勝てるようになるか、ということです。多くの人は数え切れないほどの練習をして、自分のギャンブルスキルに磨きをかけていると思います。

しかし、人々が忘れがちなことがあります。それは、より良いプレイヤーになるためには、自分の生活環境も改善する必要があることです。例えば、有害な人間関係などです。有害な人間関係を持っていると、脳が占領され、最も重要なことであるギャンブルに集中できなく、良いプレーヤーにはなれません。

その他の例として、アルコールが挙げられます。プロ棋士がギャンブルをするとき、お酒を絶対に飲まないのですが、どうしてかご存知ですか?その理由は、アルコールが集中力を失わせるからです。ポーカーのように集中力が勝利の鍵となるゲームをプレイする場合、アルコールは非常に危険です。偉大なプレイヤーになり、大金を獲得したいのであれば、ゲームに悪い影響を与えることは避けるべきです。

ギャンブル中に気が散る要因は他にもあると思いますか?集中力を削ぐ要因はたくさんありますが、その一つにコーヒーがあります。コーヒーは朝に眠気を覚ます効果がありますが、カフェインは集中力を高めるには良くありません。カフェインは脳を曇らせる原因になり、脳の回転が遅くなってしまいます。もしコーヒーを飲みたいなら、ゲームの2、3時間前に飲むのがいいでしょう。ゲームをする前であれば、カフェインが体内で消化され、良い状態になるからです。

ギャンブル中に自分の体や感情を他の人よりもずっとうまくコントロールできる人がいます。その秘密は、カフェインをプラシーボとして使っていることです。これは、コーヒーが役立つ唯一の方法です。眠いときや機嫌が悪いときには、コーヒーを飲むことで自分の気持ちを変えられると自分の体に思い込ませるのです。

しかしながら、ポーカーをするときには、絶対コーヒーを飲んではいけません。なぜなら、ポーカーはカジノで最も難しいゲームだからです。自分自身の体と感情をコントロールする必要がありますが、毎分コーヒーを飲んでいたら、それはできません。もしポーカーで上手くなりたいのなら、自分の動きを最小限に抑え、ゲーム中のコーヒーは控えるべきです。